2012年8月31日金曜日

費用の高いインプラント手術 実際やってみて噛み心地はどうだった?

若いうちは実感がありませんが、年齢を重ねるごとに体の完全性が失われていきます。
歯についてもそうで、普通の人でも30代40代あたりから、一本ずつ、失われていきます。

歯の一生は赤ちゃんの時から始まります。最初に乳歯が生え、6歳頃から乳歯は永久歯に生え変わります。その永久歯が虫歯になって痛くなると、歯科医院へ駆け込みます。虫歯初期の治療で歯に損傷が少ないうちは、銀歯やセラミックによる詰め物でしのげますが、そうした人工物は口中で次第に劣化していき、数年~数十年で外れたり、摩耗することで交換が必要になります。付け替える際に、更に歯を削る処置が必要になって、そのたびに歯は小さくなっていきます。特に深い虫歯の歯は神経を抜いているため、脆くなりやすく、劣化が早まります。中年になるとさらに歯周病の脅威もプラスされ、それ以上の治療ができなくなった歯は、最後に抜歯して終わります。

歯の失われた箇所は、取り外し可能な部分入れ歯や、両隣の歯で人工歯を支えるブリッジという方法で、補います。
部分入れ歯は、口の中に常に異物を入れている感覚があります。食後は、入れ歯の金具に食べたものが引っかかって残ったりするので、口臭の原因になります。
部分入れ歯は隣の歯に金具を掛けて保持し、歯茎の上に乗せられます。歯茎という柔らかい部分に載せられた歯では保持力が弱く、食べ物をまともに噛めません。金具を引っ掛けている隣の健康な歯にも負担がかかります。
寝る前には部分入れ歯を取り外して清掃する等メンテナンスが欠かせません。
ブリッジの場合は、固定式ですが、部分入れ歯と同じような問題があります。
これらの方法は、保険治療が可能なため、費用的には大きなメリットがあります。

その他に、インプラントと呼ばれる治療方法があります。
これは大変高額で、しかも保険適用外です。相場としては1本あたり40万円前後の値段です。
医療費控除という制度があって、年間の総医療費の10万円を超える部分について、所得控除を受けられます。
例えば、給与や賞与等の所得が500万円あったとして、社会保険等が差し引かれた後、300万円程度の所得が残るとします。そこからさらに、年間の総医療費から10万円を引いた金額を差し引くことができます。その結果、年間の所得が少なくなりますので、その分の所得にかかる10%前後の所得税を支払わなくても良いことになります。
インプラントで40万円かかったとして、40万円-10万円=30万円の所得控除で10%の税率なら3万円還付されます。この場合、インプラントの治療費が40万円だとすると、37万円になったので、7.5%引きということです。
実際の還付は、税務署に申告して受け取ります。

40万円が37万円になっても、高額な医療費には違いありません。
しかし、それが金額に見合ったものであれば、治療を受けることもやぶさかではありません。
特に部分入れ歯やブリッジによるデメリットを考えると、多少高額でも快適な食生活を送りたいと思えます。

歯の状態は人によって異なるため、確実に支障なく治療できるとも限りません。
インプラントの治療を受けるにあたっては、金額が高い、安いということだけでなく、信頼できる医師で、保証期間が長いことも重要です。

私自身、実際にインプラントの治療を受けました。
奥歯という一番重要な歯を2本失ったため、インプラントという強力な方法で補うことを選びました。
反対側の歯は使える状態なので、そちらだけ使いつづけることもできますが、それが調子が悪くなったときに困ることになります。また、片方だけで噛んでいると顔のバランスが悪くなっていきます。
費用は80万円以上、治療期間は半年かかりました。

最初に2時間にわたる手術を受けました。部分麻酔なので意識はあります。顔全体を覆うカバーをし、専用室で休憩なくずっと治療を受けます。
手術によって埋め込まれたインプラントは、半年間待って顎の骨と一体化させます。その間、定期的にチェックを受け、歯の型や色をサンプリングします。
半年経った後に、ようやくセラミック製の歯を取り付けました。

インプラントは顎の骨に強く固着されているため、固いものでも噛むことができます。実際に煎餅をバリバリ食べても問題ありません。
インプラントの歯が通常の歯と100%同じ感覚かというと、そこまでは完璧とは言えません。
私の奥歯は片方が通常の歯で、もう片方がインプラントですので、それぞれを指でトントンと叩いてみると、感覚があきらかに異なります。
インプラントの歯は感覚がなく、通常の歯と比較すると、顎の骨に固定された人工の歯であることを実感します。
ただ、何か食べて噛んでいるときは、大きな違いを感じません。少しだけ感覚の違いはあっても、心地悪さはありません。
インプラント側で噛むことに注意や意識する必要がなく、両方の歯で安心して食べられます。

高額な費用以外にも、インプラントには欠点があります。
通常の歯科治療より大掛かりな手術が必要ですので、失敗の危険性があります。そのことで訴訟も起こっているようです。
インプラントは人工の歯ではないので、虫歯になりません。しかし歯周病にはなります。ですので、通常の歯と同じか、それ以上のメンテナンスが必要です。
異常の早期発見と寿命をできる限り長く維持するためには、定期的に歯科医院へ通い、清掃と継続的なチェックを要します。

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...