2012年6月19日火曜日

ロゼッタストーンで英語学習するにはその前に英語学習しておけ

私はロゼッタストーンのスタジオレッスンについて想像した時に、戦慄をおぼえることがあります。
それは自分の話ではなく、あることについてです。

世の中の普通の日本人は英語をどの程度リスニングできるのでしょうか。今、英語を勉強している人や、現役のまじめな学生さんはどうか分かりませんが、実は日本人の大多数にとって英語はほとんど聞き取れないのではないかと思っています。
個人のブログなので、改めてお断りする必要はないのですが、もちろんここに書いていることはまったく個人的な当てずっぽうの見解です。
しかし、日本人はどの程度英語を聞き取れるのか疑問に思うのです。

Hello. Thank you. Good bye.
これくらいならほとんどの人が分かるでしょう。
What time is it? How old are you?
こう言われると、日本人の半分くらいは分からないのではないかとすら思います。実は世の中、案外そんなものではないかと思っています。
How long have you been studying English? Would you like to go to Russia?
これをちゃんと聞きとって理解できるとなると、一気に少なくなると思います。
けれども、スタジオのレベル1ですら、この程度の英語で尋ねられる可能性があります。

ロゼッタストーンは赤ちゃんレベルからはじめられると言っています。
もちろん、本当に赤ちゃんができるとは思わないですけれど、普通の大人で英語を初めて勉強するというような人であっても、スタジオがどのようになるのか想像したとき、私は戦慄をおぼえるのです。

ハリウッド映画を見た時、大半の日本人は、字幕なしではさっぱり分からないのではないでしょうか。
セリフが言葉としてではなく、ゴニョゴニョとした「音」としてしか聞こえない状態です。単語を知らないとかという問題ではなく、どこからどこまでが一つの単語かすら分からないのではないでしょうか。

先日久しぶりに電車に乗ると、次に停車する駅を日本語と英語でアナウンスしていました。その英語というのは、とてもゆっくり話していて、ロゼッタストーンのコーチ並か、それ以下の速度です。これすら理解できない人はめずらしくないと思います。

そういう、言わば普通の人がロゼッタストーンのスタジオを受けた時、結構厳しいことがあるのではないかと想像してしまいます。
はじめは大変でも少しずつできるようになっていけば良いのですが、以前から申し上げているようにスタジオではあまり教わることはできません。他の参加者もいますし、コーチは教えることはできません。コーチが教えようと思ったとしても、教えること自体が英語でしかできませんから、その説明をどうやってリスニングするかということになります。
さらに、コーチははじめから英語を話せることを期待している風潮があります。ロゼッタストーンで学習した結果良くなったのではなく、ロゼッタストーン以外で学習した効果をロゼッタストーンで使ったときに喜ばれるようです。
もちろん、このことについて、私はロゼッタストーンが錯誤しているか、それとも見ないふりをしているのではないかと思いますが、ともかくそういうことです。

ロゼッタストーンにはスタジオ以外にコースやワールドというのもありますから、英会話ができないのであればスタジオは出ないでおいて、それ以外のことをすれば良いかといいますと、現在の価格にはスタジオの費用が含まれていると考えるのが自然です。スタジオには出られないというのであれば、その分の代金はどうなるのかという話になります。それ以前に、ロゼッタストーンを購入するのは英会話ができるようになることを期待してのことですから、英会話ができない人はという条件がついてはおかしなことになります。

お気づきの通り、英会話ができない人が使いたいのに、英会話ができないと使えないという、鶏が先か卵が先かみたいな話になっています。
現実問題としてロゼッタストーンはある程度、英語が分かる人向けだと考えています。
本当に普通の人が買ってしまい、想像以上に難しくて、残念なことにならないかが心配です。

ロゼッタストーンの語学学習に期待した効果はあるか?評判は?

最近ロゼッタストーンについて良くない点について書いていましたので、もう少し良い所も書こうかと思ったのですがが、ネタが見つかりません。

さて、ロゼッタストーンを購入する人は何を期待して購入するのでしょうか。
それは、言語の学習。対象言語の習得だと思います。
個人が購入するパソコンソフトとしては高価な部類に入るロゼッタストーンですが、値段だけでなく学習効果も高いのでしょうか。

そもそもロゼッタストーンをレベル1~5まですべてやったとして、1年程度のボリュームしかありません。
軸となるのはコースによる自動学習です。コースをやってそれを実際に使わなければ、絶対に使えるようになりません。人間の脳はよくできていて、使わないものは忘れてしまうようになっています。定着させるには使うしかありません。
それでスタジオレッスンがあるのですが、これを一年間そこそこがんばってやったとすると100~200回出席くらいでしょうか。1回1時間だとして100~200時間です。実際は50分ですし、グループなのでひとりあたりではもっと少なくなります。
冷静に考えていただければお分かりのように、この程度の学習量で外国語を使えるようになるはずがありません。
そんな簡単に外国語が使えるようになるのなら、ロゼッタストーンは画期的な商品です。

しかし、無理なら仕方ありません。
いくら高価といっても、たかだか数万円です。それだけで英語を習得しようなんていうのは虫が良すぎるのです。

ロゼッタストーンは外国語を学習できるソフトウェアとして販売されています。
問題は期待した程度に外国語を習得できるかどうか。いや、一番の問題は購入する人がどの程度の学習効果を期待しているかです。
何万円もするのだからきっとすごいものだろうと、過剰な期待をして購入してしまうかもしれません。
私は、このソフトで外国語がペラペラしゃべれるようになるかというと、それはやはり難しいのではないかと考えています。
ギクシャクした基本的な外国語で、どうにか意思を伝えられる程度。しかも、話し相手が、それなりに聞き取る努力をしてもらわないといけないような状態だと思います。
すでにロゼッタストーンをご存知の方は、そんなことはないと言われるかもしれません。スタジオに出ると、そこそこ話せている人がいるではないかと。
それは本当にロゼッタストーンだけで、できていることでしょうか。そのような方はロゼッタストーン以外になにか他の方法でも学習してはいないでしょうか。
純粋にロゼッタストーンだけを用いて学習したとすれば、それほど外国語を話せるようになるとは思えません。
それはロゼッタストーンが悪いと言っているのではなく、限界があるという意味です。

オンライン英会話にぴったりのSkype録画録音ソフト

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...