2012年3月23日金曜日

Google mapとYahoo!ロコと電子国土の地図を、用紙ぴったりに大きく印刷できるサイト

前回紹介したGoogle mapとYahoo!ロコと電子国土の地図の好きな場所を、用紙に合わせて大きく印刷できるサイトですが、評判が良いようで、少し反響がありました。


この地図、マウスの右クリックでメニューが出るようになっています。
それを使うと、印刷以外の機能も使えるようです。

そのひとつが、ルート探索。
出発地と到着地の場所を指定するだけでルート探索してくれます。ルートの探索結果はウィンドウが出てきて、詳細が表示されます。
そこで、徒歩ルート、経由順序最適化、代替ルート探索、高速道路除外、有料区間除外を指定できる徹底ぶりです。
車と徒歩だけで、電車のルートは探索できないのかと思ったら、ウィンドウに電車と飛行機のアイコンボタンが用意されていて、Googleに飛んで表示するようになっていました。

あと、カーソル位置と地図真ん中の緯度、経度、標高、住所が地図の下に即時に表示されます。

表示している地図の位置を他の地図サービスで表示することもできます。
bing地図、goo地図、livedoor地図情報、いつもNAVI(ゼンリン)、NAVITIME、Mapion、MapFan Web等の同じ場所の地図を表示できます。
そういう意味でいうとGoogleとYahooと電子国土以外に、もっと豊富な地図を併用できるということになりそうです。

地図の使い方の紹介ビデオが用意されていました。最後に印刷方法も見られます。

facebookに書くと、意外に好評でした。

2012年3月21日水曜日

Google mapとYahoo地図と電子国土地図をものすごく簡単に印刷

GoogleやYahooの地図をブラウザで見る分には便利ですが、印刷しようとすると余計なものがいっしょに印刷されたり、用紙いっぱいに大きく印刷しようとすると難しかったりします。

簡単に印刷するサイトがありました。
Googleマップ、Yahoo!地図に加えて国土地理院の電子国土地図に対応しています。
3つの地図をシームレスに切り替えて使え、印刷までできるようになっています。
ちゃんとウィンドウサイズを用紙の縦横比に合わせる機能があるので、用紙に合わせて印刷しやすくなっています。
線の色、太さ、間隔を自由自在に指定して、緯度経度線を引いた地図を印刷することまでできます。

はじめての場所に出かけるようなときに、事前に場所を調べて、印刷した地図を持っていけば、かなりよさそうです。3種類の地図で一番分かりやすいものを選べるのは便利かも。

3種類の地図を使って、印刷できるサイトへ

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...