2018年5月31日木曜日

X-ATC-Chatterでバックグラウンドに無線交信を流すといい感じ

X-Plane11で飛行中に、航空管制の無線交信の音声を流して雰囲気を盛り上げてくれるプラグインを開発しているX-ATC-Chatterというプロジェクトがあるようです。
X-Plane11のプラグインですからX-Planeと連携して動作します。例えば、機体のパワーを入れるまで、無線交信の再生は始まらないようにできます。comの周波数をタワーやグラウンドに変えると、それに適した無線交信の音声をランダムで再生します。音声データは、人工音声ではなく、肉声のもので、かつどの空港であっても不自然な文脈にならないように編集されています。
まだ、アメリカやヨーロッパの音声データが中心で、アジアの音声データは作成されていません。音声データの収集はボランティアを募っているようです。
正式版は$10.00USDと、手軽な価格です。Sampleをダウンロードして、簡単に試すことができます。
将来的にはアジアのものも収録されるのかもしれませんが、アジアといっても、日本語なまり、韓国語なまり、中国語なまり等があるので、ひとくくりになってしまっているのはどうなのかという気はしないでもありません。


また、朝の飛行にもかかわらず、Good eveningという音声が入っていたり、まったく異なる高度計規定値を言っていたりするので、音声が汎用化されているとはいえ、不自然さがないわけではありません。

本来なら、周囲にAI機が飛行していて、それらが同一のATC下のもと、自然な英語をしゃべりながら無線交信していれば一番いいのですが、現状はそこまで実現できる環境はありません。
とりあえず、Sampleをスタンドアローンで試してみたところ、バックグランドに少し音量を落として流しておくといい雰囲気で飛行できました。雰囲気だけですが、これはこれでありだと思います。

X-ATC-Chatterに付属の音声ファイルはPilot2ATCのchatterファイルとして流用することもできます。
また、X-Lifeとの統合も実現されているようです。

カフェは意外に仕事をしにくい

私は普段、会社のオフィスで仕事しているのですが、おしゃべりのうるさい人がいたりすると、居心地が悪く、仕事に集中できないことがあります。おしゃべりな人は声が大きいということもあるのですが、話している内容が重要なことでなく、必要があって仕事の話をしゃべっているのではなく、しゃべることが目的で仕事の話をしているのです。それだから、話も冗長で、なかなか終わりません。そういう人を気にしていると、だんだん疎ましくなってその人のことが嫌いになってきます。嫌いになれば、声質や笑い声なんかが鼻について、ますますイライラしてきます。
気にしないということができればいいのですが、一番簡単なのは、その場から避難すればいいのです。空き会議室に逃げるという方法もありますが、会議室を使うには、何のために使うのかという理由が要ります。だからといって予約せずに空き部屋を使っていると、いつ誰がやってくるか分かりません。
それであれば、会社の外に出てカフェで仕事をするという手段があります。勝手に外出するのは、問題ではありますが、監視が強すぎない会社であれば不可能ではありません。それで実際にカフェに行って仕事をしたことがあるのですが、いつものうるさい人から逃れられることはできるものの、それで快適かというとカフェでの仕事も快適とはいえません。

まず、カフェこそうるさい人がひっきりなしにやってきます。おばさんグループ、学生、営業のサラリーマンが電話をする等々、けっして静けさの中では仕事ができません。

また、カフェですから、当然ながらなにか注文する必要があります。一番安いコーヒーや紅茶でも300円程するのが普通です。それで何時間も粘っていればそのうち目を付けられますから、適当にお代わりをしたり、よそのカフェに移動したりする必要があります。そのたびに場所代がかかり、そういうことを頻繁にしていたらコストもバカになりません。

カフェの中で、パソコンを使うための電源のある席は限られていて、そういう場所は集中するのに向いているかというと、むしろ逆で、長居させないためか、よりによって落ち着けない席だったりすることも多いです。さもなくば、バッテリーもちのいいノートパソコンを使うか、バッテリーの残りを気にしながら仕事をすることになります。

同じようにカフェで仕事や勉強をしている人を見かけて、そういう人の近くなら同じ境遇なので少しは快適かといえば、ノートパソコンのキーボードの打ち方が強くてうるさかったり、コーヒーを音を立てて飲んだり、食べ物をくちゃくちゃ言わせていたりと、気に障ることだらけです。

職場のオフィスも快適ではありませんが、カフェも、どっちもどっちでけっして快適ではありません。カフェの方がいい点は、上司の目がないとか、フリーアドレスのように場所を好みで決められるということはあります。割に合うかといえば微妙です。

在宅勤務にでもすれば一番快適だと思いますが、それはそれでいろいろと実現困難な点もあり、難しいところです。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...