2016年5月9日月曜日

SONYのノイズキャンセリングBluetoothワイヤレスヘッドフォンMDR-EX31BN レビュー 飛行機での試用

外出先でAndroidスマホ用にヘッドフォンが欲しかったので、SONYのMDR-EX31BNを購入してみました。
耳の穴に差し込むインイヤータイプです。イヤーキャップは3サイズ用意されていて、私には一番大きいサイズが合いました。

・Bluetoothワイヤレスは快適
Bluetoothによるワイヤレス接続なので、手に持って操作することの多いスマホの扱いが自由になるのはかなり便利です。
ただし、Bluetoothですので若干の遅延があります。音楽を聴く分には気になりませんが、アクションゲーム等のタイミングがシビアな使い方では問題になる可能性はあります。激しいゲームをされる方はBluetoothヘッドフォンは使わない方が無難だと思います。

・デジタルノイズキャンセリング
デジタルノイズキャンセリングにより周囲のノイズを強力に消し去ります。
航空機や自動車内で試用したところ、特にエンジン音が大幅に抑えられます。ヘッドフォンをつけていると静かで快適でした。車の運転中の使用にはさすがに危険を感じますが、航空機内では手放せなくなりました。
ノイズキャンセリングは手元のリモコンで、オン/オフができ、危険な状況ではオフにして使用することもできます。また、状況に応じたノイズキャンセリングモードを自動選択する機能も備わっています。

一般的なヘッドフォンに搭載されたアクティブノイズキャンセリングというのは、人の話し声というのは消せないことが多いです。よく人の話し声は何かとっさの時に危険なので、あえてキャンセルしないようにしているということが言われますが、現実には、わざと消さないようにしているのではなく、技術的に難しいのではないかと思います。現に、人の声を消すことができることやってみせた上で、人の声を通すように再設定できるようなアクティブノイズキャンセリング技術は見たことも聞いたこともありません。
そもそも本質的に人は他人の声を聞き取る能力が高い必要があり、人の声には敏感です。そういう意味でもなかなか人の声を聞こえないようにはできないのではないでしょうか。
MDR-EX31BNについても同様で、人の声を消す目的にこのヘッドフォンを使うとすれば、耳の穴をふさぐことによる防音効果と、ノイズキャンセリングで音量を弱めた上で、音楽や他のシンプリーノイズ等を再生して、声をかき消すことならできるかもしれません。

また、マイクで集音した波形と逆位相の波形をリアルタイムに生成するという原理から、連続的でない、とがったような音や高音域は苦手になりがちです。
キーボードのタイプ音のような、カチカチと波形的にシャープな音は、アクティブノイズキャンセリングではほとんど消せません。

・音質は良
音質はSONYの一般的な音質です。SONYの音に慣れている私には標準的な音に聞こえるので違和感がありません。インイヤータイプの小さなヘッドフォンですから、重低音なんてものは期待していません。
Bluetoothですが、クラシック音楽をしっかり聞くようなことはしないですし、BGM的に使っている分には気にならず十分に高音質です。

・操作性
本体には、電源兼再生停止ボタンと、選曲、音量、ノイズキャンセリングのスイッチがあります。これらは大変便利で、慣れてくると見なくても手探りで操作できます。ワイヤレスですから特に活きてくると思います。

・欠点は?
使うには充電が必要です。一回の充電で何時間ももつので、一日一回で大丈夫ですが、USBコネクタをつないで充電する手間があります。
ワイヤレスと言っても、本体と両耳の間はケーブルがあります。収納時にケーブルが絡まったりするような問題は完全には解消されません。

・結論
ワイヤレスでデジタルノイズキャンセリングが搭載されたSONYの高音質な、普通に問題なく使えるヘッドフォンですので、ほとんどの方におすすめできます。

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...