2013年7月27日土曜日

オンライン英会話のカランメソッド効果は評判どおりか?

本当は残念なのです。カランメソッド。これがいい英会話の練習方法なら素晴らしいことだと思うのですが・・・実際はそう思えないのです。
もし興味がありましたら、以前にQQ Englishのカランメソッドを体験したときの記事を書いたことがあるので、そちらもご参照ください。

今、オンライン英会話サービス各社を見ていると、カランメソッドやらその発展型のDMEを売りの一つとしているところが結構あります。
こういう何々メソッドとか命名された英会話の書籍や教材をときどき見かけますが、そういうもので期待された効果があるものは見たことがありません。
結果が出るまでに、非現実的な根気を要するとか、あまりにもつまらなさすぎて挫折してしまうような方法は、実質的には効果のある方法とは言えません。

最近、もてはやされていて、今、まさに実行されている方もいるかもしれないものを、否定的な観点から記事を書くというのは、挑戦的な気がしないでもないですが、後々になってから意味がなかったと言わなくていいように、こうした意見もあるということを認識いただいておければと、おせっかいながら書いているところです。


カランメソッドに効果がない理由

カランメソッドというのは、自由に英会話するのではなく、決められた通りのことだけをしゃべります。
講師が決められた質問をし、それに生徒が決められた回答をします。原則、フリートークはありません。単調なおもしろくもない作業を高速に延々と続けます。
はじめのうちは物珍しさもありますから張り切っていますが、興味を失ったあとは、ただ先のステージへ進むことだけが目的の退屈なレッスンとなります。
カランメソッドのテキストの中身
カランメソッドに効果があると仮定しても、数ヶ月程度で結果の出るものではありません。年単位ではないかと思います。あの単調でつまらないレッスンを何年もかけてやり続けるなんてことを想像すると、なかなかに忍耐のいることではないかと思います。
最新のカランメソッドにはステージ1から12まであります。これをコンプリートできる人はどれくらいいるでしょうか。それに、そもそも最後までやったとして話せるようになるのでしょうか。
実際、最後まで我慢できる人は多くないのではないかと思います。ほとんどの人が到達できないような目標ならできないのと同じ事です。仮に100人やって数人しか達成できないのなら、大部分の人にはできないということです。そういうのは実質的には、できるとは言えません。わずかしかできないということは、なんらかの限定された条件が必要とか、非人間的な我慢に耐えられる能力が必要だということです。カランメソッドの苦痛に耐え切れない人は英語を学習する資格がない、と言われれば、大部分の人にとって実用的でない学習方法と言わざるをえません。
日常生活の中で何か電化製品や生活雑貨等の商品を買うとして、それが期待した機能を果たせる可能性が数%しかないとしたら、私は購入を躊躇します。カランメソッドについても成功率が低いのであれば同じ事を思います。


けなげなカランメソッドの講師

カランメソッドを実施する講師はそれが仕事ですから、一所懸命にやってくます。講師が汗水垂らしてヒーヒー言いながらがんばってくれることと、そのメソッドに意味があるかというのは別問題です。心情的には、せっかくやってくれていることに意味がないとは言いにくいですし、もちろん実際に講師には言わなくてもいいですが、本当はどうかということとは分けて考える必要があります。
それより、ある意味講師も被害者かもしれません。
また、講師の中には本音を漏らす人もいます。


カランスクール本校とオンラインスクールは同じでない

カランメソッドを開発したカランスクール本校はイギリスにあります。
オフィシャルウェブサイト
 イギリスは英語発祥の地であり、言うまでもなく英語が日常的に使われている国です。そうした地でカランスクールに通う学生は、その地にいるというだけで、すでに英語を話せるようになる優位な環境にあることになります。カランメソッドを使うまでもなく、英語を話せるようになりえるわけです。ですからカランスクール本校で効果があるように見えても、他の環境で同じように結果が出るかは分かりません。

実際のカランメソッド本校の運用では、毎回、レビューを何日分だったか遡って実施するそうです。一回やっただけではすぐに忘れてしまうからでしょう。しっかりと定着させるために、何回も繰り返しレビューするというのは、意味のあることかもしれません。
一方、オンラインで実施する場合には時間的制約があります。QQ Englishの場合はレビューは一回分のみでした。当然、その程度の練習量ではできるようにならないため、多くの場合、生徒は単に講師の後に続いてリピートするだけになってしまいます。自分でセンテンスを考えず講師が言った通りのことを反復するだけでは、いつまで経っても自分でセンテンスを考えられるようにはなりません。

オンライン英会話の講師は、毎日出勤して、30分おきに代わる代わるスカイプ越しに登場する生徒に対して、一日中レッスンをします。講師にとってカランメソッドのような教授方法は、ひとつひとつ片付けていくという感覚かもしれません。


カランメソッドは英語ビジネス

カランメソッドをするには専用テキストを購入しなければなりません。オンラインレッスンをするにも費用がかかります。
カランメソッドステージ1のテキスト
オンライン英会話スクール自体がビジネスですが、カランメソッドというのは本当にビジネスライクなビジネスです。他スクールとの差別化になりますし、講師のティーチングスキルも不要で、生徒が挫折するまでの数十レッスン分をこれで稼ぐことができます。


ただ純粋に感じるだけ

日本人の特徴かどうか分かりませんが、他人の意見に流され過ぎます。
他人が良いと言えば、良いと思い、権威を持った人が正しいと言えば、正しいと思い込みます。言っている内容がどうかではなくて、誰が言っているかで正否を判断します。
それは考える力がないからか、勇気がないからか、そういう生き方なのかは分かりませんが、そうした思想の正否は問わないとしても、他人の意見に追従していたからといっていつも正しい答えになるとは限りません。もちろん他人の良い部分を手本にするとか、確率的に他人が良いと評価したものの方が好結果になる可能性が高いかもしれないとか、多数派になることがリスクの回避になるということ等はあります。しかし、カランメソッドのこの話に限って言えば、個人で学習するものですから、そうしたメリットは関係ありません。自身にとって結果が得られるかどうかだけです。
もちろん、このブログにしたって、一個人の感想に過ぎません。もっと言うとインターネット上の情報すべてがそうです。
私も、カランメソッドについての肯定的な評判をいくつも見たことがあります。それを承知の上で、鵜呑みにすることなく、正直な自分の考えを持っているだけのことです。

カランメソッドの広告を見れば、分かりやすい売り文句がいろいろ書かれています。そういうものは、一見、理屈が通っているように見えます。
例えば、カランメソッドでTOEICのスコアが平均XXX点上がったというようなものがあったとします。カランメソッド開始前後で複数の人のスコアを測定し、実際に上昇していたとすれば、しかもその評価方法は外部による客観的なものですので、それだけ聞くと効果があるような気がするかもしれません。しかし、よく考えてみてください。カランメソッドは数ヶ月単位の期間行うものです。その間に他の学習を並行して行なっているかもしれません。
カランメソッドの純粋な効果を測定するのであれば、カランメソッドだけを学習するグループと、カランメソッド以外の比較対象とする方法で学習するグループに分けて、一定期間それぞれの方法のみで学習させるようにしなければなりません。これであれば、同じ時間をカランメソッドに費やすのが良いか、それとも他の方法で学習するのが良いかが分かりやすいです。ただし、この場合であっても比較対象の学習方法との相対差しか分かりません。比較対象の学習方法を用意するのは、カランメソッドの優位性を証明するためです。何もしないことと比較するのであればたとえカランメソッドでも多少の進歩は起こりえるからです。
もっとも私はTOEICのスコアに興味はありませんが、あくまで売り文句というのはどこまで信用できるか分からないということを言いたいのです。広告の売り文句は有効性を分かりやすく宣伝しますが、分かりやすいからといって真に受けることはできません。


それならとにかく一度やってみてください

それでも興味がある方は、是非、ご自身でやってみて実感してみてください。
はじめにテキストの購入が必要かもしれませんが、最初の一冊だけなら、せいぜい数千円です。仮にカランメソッドが本当に良くないものだったとしても、その程度の被害で済みます。やってみて、ずっと継続してやっていけそうなものか考えてみてください。
私の場合は実際にやってみて、これは違うなと悟りました。
是非一度やってみて、正直に判断していただければいいと思います。

こんなことに時間と費用を消費していては、上達が4倍速どころか、4倍遅れます。
何年か経った頃、「昔、カランメソッドなんていうのがあったけど、どこ行った?」なんて言っていることになるような気がします。
カランメソッドに関して調べているといろいろテクニカルな話を見かけると思います。スピーキングスピードがどうだとか、フルセンテンスがどうしたとか・・・。そんなこと関係ありません。それ以前の話で、単純におもしろくないものを何年もどうやってやり続けられますかという簡単な話です。どんなに技術的に優れていても、現実にやり続けられないような方法は絵に描いた餅です。
この記事も難しく書いていますが、ただ本当に効果あると思いますか?という単純なことです。

オンライン英会話にぴったりのSkype録画録音ソフト

1 件のコメント:

豊岡雅岳 さんのコメント...

4ヶ月じゃ無理でしょ。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...