2012年12月1日土曜日

ソニーストアでVAIOを購入して納品まで 注文確定・生産中・出荷手配中・出荷済

ソニーストアでVAIO duo 11を購入したのですが、大人気のようで、納期が一ヶ月かかってしまいます。家電量販店でも品薄の状況は変わりません。納期がかかりすぎるため、エディオンでは、取り寄せでの受け付けすら中止していました。
Windows8はタッチパネルが目玉として登場したOSですので、それが使えないのではこのタイミングでノートパソコンを購入する意味がありません。しかもタブレット形状に変形できて、スペックも高いとなると、自然に、この製品を選んでしまいます。オーダーメイドで必要な仕様にカスタマイズできますから、幅広いニーズに対応できて、ますます買う人が多くなることでしょう。

私がオーダーした製品は、最終的に予定からちょうど一週間早く納品されました。まるまる一ヶ月はかかりませんでしたが、三週間と三日かかったことになります。おそらくは、もともとの納期が、ある程度余裕をもって設定されているのだと思います。このように予定より早くなることも少なくないようです。
ただ、オーダーメイドですので、パーツ構成によって納期はバラつきがあると思います。注文した他の人と比較して、先に注文にしたのに、納期は後になるということもありそうです。
昔、購入したLenovoのノートパソコンでも、それなりに時間がかかっていたような気がするので、パソコンをメーカーからオーダーメイドで購入する場合には、少々時間がかかるものなのかもしれません。

ソニーストアで注文すると、ウェブサイトのアカウントサービスで注文した内容と状況を確認することができます。このウェブサイト上でキャンセルもできるようです。
My Sony Club会員であれば、メールアドレスかIDとパスワード、ゲストの人は受注番号と電話番号を入力してログインすると、注文内容のページが表示されます。
その中で、ページ中ほどの商品写真の右にあるステータス欄が、状況により変化していきます。

注文直後は「注文確定」となり、「生産中」「出荷手配中」「出荷済」と変わっていきます。
私の場合は2週間と数日の間、「注文確定」だったのですが、その後「生産中」に変わり、5日経つと「出荷手配中」に変わりました。それと同時にソニーストアから「商品お届け可能日「変更」のご連絡」というメールがあって、メール送信日の翌々日がお届け可能日となりました。その翌日の夜、配送会社と配送伝票番号が記載されたメールが来て、ステータスは「出荷済」に変わりました。
このあたりの進捗状況も、注文した内容によって変わってくることがあると思います。

できるだけ早く商品が欲しいと思うのが人情ですが、注文前は少し慎重に検討した方がいいかもしれません。
というのは、一度注文してしまうと、オーダーメイドの内容を変更することが一切できないからです。変更しようと思うと、いったんキャンセルして、改めて注文しなおすことになります。ソニーストアに電話しても変えられません。再注文となると、予約の行列の最後尾に戻ることになりますし、最初に購入したときにキャンペーン価格で購入していたとしたら、それもなくなっているかもしれません。
特にVAIO duo 11の場合、オーダーメイド内容によって、内部構造が変わってしまいます。メモリの搭載量によって基盤のつくりが異なるため、後からメモリを増設することができません。ノイズキャンセリングヘッドホンを付属するかどうかによって音質を向上させるS-Masterの搭載も変わります。将来、SSDハードディスクを交換しようと思っても、ぎりぎりまで高密度に設計されたボディを開けるのは素人には大変困難でしょう。
早く欲しいのはよく理解できますが、納得できる買い物をしたいところです。

今、注文して納期は、三週間か、四週間か、それ以上か、分かりませんが、一度注文してしまうと後は待つだけですから結構長く感じます。
インストールするソフトウェアのリストアップでもして、楽しみに待ちましょう。

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...